ダイエットを成功させる!正しい食事とは?

ダイエット中に食事を摂る際の正しい時間

食事

「夜に食べると太る」のメカニズム

ダイエット中の正しい食事というのは、食材や献立作成の工夫のみだけではありません。もちろん食事を摂る時間も非常に重要です。人間は、食べたものの脂肪を溜め込みやすい時間があります。それは22時~深夜2時の時間です。この時間帯は身体の中に存在するBMAL1という脂肪を体内に溜め込んだり、体内時計を整えたりしてくれるタンパク質の量が増える時間になるため、より脂肪を溜め込みやすくなってしまいます。また、夜に消化の悪い食品である揚げ物や炭水化物を口にしてしまうのも、代謝酵素という身体の修復に必要な酵素の働きが悪くなりますので、遅くとも22時までには夜の食事を終わらせるのが理想です。

理想の時間に食べれない場合の解決方法

だけど、社会人は理想の時間に食事を摂るのが難しかったりするのも現実ですよね。その際は間食を行うといいです。ダイエット中に間食なんてしていいの?と思う方もいるかも知れませんが、実は空腹状態のまま深夜帯に食事をしてしまうと、血糖値が急に上昇し、消化がしにくいだけではなく、脂肪がより溜まりやすくなります。ですので、遅くなってしまいそうな時は炭水化物を間食として先に食べてしまう、炭水化物を食べない場合はナッツなどを間食に取り入れるのがおすすめです。これらは、夕方の18時までに食べてしまうのがおすすめです。帰りが遅くなりがちで食事を摂る時間にはこだわれない、という方は是非試してみて下さい。そして、甘い物がダイエット中でも食べたくなった場合は、BMAL1の働きが弱い15時頃に食べるのがおすすめです。その際、お砂糖や小麦粉をたっぷり使ったスイーツは避けて、フルーツなどを食べるとよりいいです。